JCIA日本建築検査協会では、デュー・ディリジェンス(Due Diligence)業務の一環として「エンジニアリング・レポート」及び「建築基準法適合判定調査」の業務を行っております。

デュー・ディリジェンス(Due Diligence)とは
デュー・ディリジェンスは米国で生まれた概念で、投資用不動産の取引、会社の吸収・合併等の場合に実施される詳細かつ多角的な調査のことで、「適正評価」「資産査定」あるいは「詳細調査」等と訳され、主として投資用不動産の取引の際に行われます。一般的には、経済・法律・物理的な側面の3つの視点から調査を行い、投資のリスク・リターンを詳細に把握します。


近年、不動産の購入等に際して買主等が自らの責任と負担において、対象不動産がどのような状態にあるか詳細な調査を行うことの重要性が認識されるようになりました。不動産の所有と経営が分離する傾向が強まり、不動産の流動化、証券化の活性化に伴ってリスクの低減を図る上でその必要性は益々高くなっております。「取得→運営管理→売却→取得」という一連のサイクルを意識したアセットマネージメント(資産管理)が求められています。この不動産における投資・流通・評価・管理などに際して対象不動産の状況を把握するために、「エンジニアリング・レポート」を作成致します。

T ER(エンジニアリングレポート/建物状況調査報告書)作成業務

  • 建物劣化診断 (※BELCA基準による)
  • 緊急及び短期修繕費用、中長期更新修繕費用の算出
  • 再調達価格の算出
  • 建物環境調査・土壌汚染リスク評価(フェーズT)
  • 地震リスクなど

U 地震リスク診断(地震PML)

  • 建築物の地震リスク診断
  • 複数建築物によるポートフォリオ分析

【お問合せ先】

〒103−0027 東京都中央区日本橋三丁目13番11号 油脂工業会館ビル6階
          日本建築検査協会株式会社
          営業部   花光(はなみつ)
          TEL:03-6202-3280 FAX:03-6202-3281
          建物診断部 矢内(やない)内田(うちだ)
          TEL:03-6202-3840 FAX:03-6202-3845
          メール: